「さよなら エイミー」プライベート・コンサート(バロック)

しばらく釧路に滞在したイギリスのリコーダー & フルート奏者、エイミー・デグラッチ・ランバートさんが釧路を離れることになり、記念のプライベートコンサートを開催することになりました。

2015/05/16 (土) ふくしま医院 Urari ホール、16:30開場、17:00開演です。入場無料(おひねり歓迎(^^;))です。

AimeeFarewell

エイミーは先般 2014/10/19 の Urari でのコンサートに聴衆として来場し、大柄に青い髪で充分目立ったのち、その日の打ち上げにやってきてリコーダーを吹きまくった(^^;)……というのが始まりでした。

当日はテレマンのトリオソナタ 2 曲の他、リコーダーソロ、リコーダーデュエット、チェンバロソロなどもあります。

私広重はトリオソナタでバロック・ヴァイオリン、リコーダーソロの通奏低音チェンバロの他、チェンバロソロ小品を弾きます。

大学研究室のクリスマスレクでバンド演奏

エレキ系バンド初体験でした。曲は「赤鼻のトナカイ」、オリジナル編曲です。

ワタクシ広重は、体調不良で参加できなかった学生のピンチヒッターとして、初心者へっぽこドラマーとなりました(^^;)。なんだかあれこれカッコワルイくてヘンですが、まあこんなもんであります(^^;)。

ボーカルの HGY が本番では予告通りエキサイトして、モリモリに盛り上がりました。が、まあ、普段の演奏会とはかなり異質な世界ではあります。でもこういう「はっちゃけ系」も実はけっこう好きだったりします(^^;)。

ミキサーのバランス調整が課題ですね…。

このバンドは、初の試みとして「初心者でも遠慮せずにトライしよう」と銘打って、ゼミのプログラムとして組んだものです。ギターの二人は、まだ楽器を初めて持って数ヶ月しか経っていません。楽譜はいろいろと工夫して、楽器を始めたばかりの超初心者でも、がんばればなんとかなる難易度をめざして作りました。

思いのほか楽しんだので、また企画するかもしれません…。

The Art Groove Live 2 にヴァイオリンで参加

2014/12/18 北海道教育大学釧路校の芸術関係の先生で立ち上げたライブ「The Art Groove Live」にヴァイオリンでちょい役出演しました。

場所が上記釧路校の通称「金工室」と呼ばれる作業系の演習室のため、このライブは通称「金工室ライブ」とも呼ばれます。今回で 2 回目の開催です。

私は後半のプログラムで、声楽の鴨川先生の伴奏の一人として、ヴァイオリンで参加しました。

お聴きいただいたみなさま、ありがとうございました。

北海道教育大学釧路校webのニュース記事にも紹介があります。

岩淵恵美子先生門下生の発表会、爆弾低気圧でたどり着けず(;_;)

毎年年末に開催される、チェンバロの岩淵恵美子先生の門下生発表会に、ワタクシは今年も参加を予定しておりました。しかし折しも東北海道に「爆弾低気圧」なる台風並みの低気圧が来襲。

前日に東京入りする予定でしたが、その日は天候が一番ひどく飛行機も JR も長距離バスもすべて運休。

翌日、すなわち演奏会当日、再度トライするも、搭乗予定の飛行機が「天候回復待ち + エンジン凍結」で遅れ、演奏に間に合うことは絶望的となりました。

やむなく、先生に連絡をして演奏はキャンセル。「打ち上げ」も重要行事なので、それには間に合うよう、とにかく東京に向かいました。

なんとか飛行機は飛び、打ち上げのみの参加となりました。皆様ご迷惑をおかけしました。すみません。

ミュージカル「シレネッタ〜永遠の夢〜」道教大釧路校公演

学生たちとフルオリジナルで制作した、子ども向けショートミュージカル「シレネッタ〜永遠の夢〜」を、「学内公演」と銘打って、本拠地の大学内で上演しました。このミュージカルは先般 2014/10/04 に標津町図書館まつりで子どもたちに上演したものです。学内で大学生向けに公演するのは、図書館まつり関連の行事としては初の試みです。

今年はたまたま所属研究室の建物が耐震改修工事となり、いつも練習や準備などで使っている「プレイルーム」が使えず、またこのたぐいの公演によく使われる「小ホール」も工事関連でふさがってしまい使えませんでした。そこで場所は「多目的室」となりました。この部屋は天井高さや音漏れ、広さなどのため、音楽系の公演にはあまり向いていないのですが、昼休みの間に上演するなど、なんとか工夫して乗り切りました。

なかなか時間が取れない中、準備や練習を進め、標津公演から細部をいろいろバージョンアップした公演となりました。

狭いながら客席スペースいっぱいのお客様にご来場いただき、盛況裡に終えることができました。ありがとうございました。

大学祭アトラクションブース前で演奏

2015/10/25,10/26 は大学祭でした。

所属する研究室は例年、教室をフル装飾してテーマに沿ったワールドを作り、無料の子ども向けアトラクションを盛大に展開します。ここ数年、このアトラクション前で簡単な演奏をしています。

鍵盤ハーモニカや電子ピアノ、タンバリンなどの打楽器類を並べ、ちょっとした「楽器で遊ぼう」コーナーになっています。

学生たちはアトラクションの「中の人」当番ローテーションもあり、出たり入ったりです。私は今年は昨年自作の「なんちゃってヴァイオリン」を持ち出し、閑散時期でも一人で弾いていたら、何人かの友達連れ、家族連れの方々が立ち止まって見物してくださいました。ありがとうございます。

整ったコンサートもよいですが、こういう「ゆるい」のもなかなかよいですね。

福島医院 Urari ホールにてバロックコンサート

2014/10/19 釧路市の福島医院 Urari ホールにて、2本のリコーダーをメインにチェンバロやヴィオラ・ダ・ガンバ、ヴァイオリンを加えた古楽器によるバロックコンサートを開催しました。

旧友であるリコーダーの 2 人のメンバーの記念コンサートということで、今回は東京から、チェンバロの岩淵先生、ヴィオラ・ダ・ガンバの譜久島先生をお招きしての、贅沢なコンサートとなりました。

ワタクシ広重は、バロックヴァイオリン、バロックヴィオラ、チェンバロで参加しました。

ほぼ満員のお客様にご来場いただきました。ありがとうございました。

標津町図書館まつりにてオリジナルミュージカル「シレネッタ〜永遠の夢〜」を上演

2014/10/04 北海道標津郡標津町の「図書館まつり・児童館まつり」にて、かねてより準備をすすめていたオリジナルミュージカル「シレネッタ〜永遠の夢〜」を上演しました。世界初演(^^;)です。

この催しでは例年、絵本を大映しして、音楽をつけて朗読する「大きな画面のおはなし会」を開催してきました。今年は学生の一人、歌の大好きな MMK が卒論のテーマとして取り組むということで、オリジナルミュージカルの制作・上演となりました。

卒論として取り組むため、制作・準備も 2 月頃から開始し、細部まで「手をつける」ことができた上演となりました。

物語・音楽などすべてオリジナルとしたのは、YouTube などで上演を公開したいから、というもくろみもありました。

上演の様子は広重研ゼミブログの当該記事にも載せました。

釧路市立美術館にて「ルオー展」にかかわるバロックコンサート

2014/07/26 夕刻、かねてより釧路市立美術館で開催されている「ジョルジュ・ルオー展」の関連イベントのひとつして、美術館ロビーにてバロックを中心としたコンサートを開催しました。

ルオーが聴きながら作品制作をしていた、といわれている J.S.Bach の作品や、ルオーの時代のシャンソンなどを演奏しました。

たくさんの皆様のご来場をいただきました。ありがとうございました。