パイプオルガンワールド: 大きなリコーダー長さ決定・穴押さえ試作・リード管収納

ひきつづき細部の制作を進めます。昨日(2015/07/12)、今日(2015/07/13)と、大きなリコーダーの
長さを決定して本組みし、その穴を押さえる穴押さえ板の試作をしました。段ボール箱でリード管の収納を作りました。

大きなリコーダーは、鳴りやすい管長をきちんとテストした上で、各部寸法を決定しました。「指穴」となる VU40 の「ティーズ」が、ぴったりくっついて並ぶように、VU40管を必要充分な長さに短く切り、つなぎ部分としました。IMG 9371

この「大きなリコーダー」の指穴を押さえるには、手のひらなどで押さえなければなりません。ちいさな子どもの場合、手が小さくて塞ぎきれないことも考えられます。

そこで、指穴を押さえる「フタ」を作ることにしました。

IMG 9375

こんなものです。つまみ付きのベニヤ板に、フェルトと革を貼ったものです。

IMG 9376

合計4個必要ですが、残り 3 個はゼミで学生に作ってもらいましょう。

本番が近づいてきたので、安全な梱包も考えねばなりません。デリケートなリード管部品は、特製段ボール箱に収納することにしました。

IMG 9373

ちょうどぴったり入る箱がありました。一部の管は先端をつけたまま収納する、という、ちょっと苦しい収納ですが、コンパクトになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です