エクセル (Excel) での数式の練習 (3分56秒)

動画と音声で解説していますので、音声が聴けるように設定してご覧下さい。動画下部のコントロールボタンやルーラーで、一時停止や巻き戻しをしたり、任意の位置を視聴できます。内容は一部キャプチャが追いつかず画面の変化が対応しない部分があります。

解説動画

解説内容

数式の取り扱いになれるために、簡単な練習課題をやってみましょう。
この「練習1」というファイルを、決められた場所からダウンロードしてきて開いてください。
ここではAとB、2つの種類の数字が100個ずつ、用意されています。
このAとBを、足したり、引いたり、掛けたり割ったりしていただこう、というわけですね。
それではまず足し算からやっていきましょう。
この最初の足し算のところをクリックして、イコールを入れます。
そうしたら、Aのところをクリック、キーボードから「+」、そしてBのところをクリック、
終わったらエンター。これで足し算ができますね。
そしたら1回戻って、右下のオートフィルのところを、マウスでつかまえて下にずーっとドラッグしていきます。
100番目のところではなします。このようにすると、100人分、足し算ができましたね。
上に戻ってみましょう。
次に引き算ですが、同じようにやっていきます。入れるところを選択したら、
イコール、そしてA、今度は「-(マイナス)」をキーボードから入れて、Bをクリックしてエンターを押します。
一回戻って同じように、オートフィルで100人分ずーっと(引っ張り)、100人分のところではなします。
これで引き算ができあがりですね。
同じようにかけ算ですけれども、入れるところをクリックしてイコール、Aをクリック、
つぎにかけ算のこの「ばってん」の印ですが、キーボードにありませんので、
これは「*(アスタリスク)」を使います。アスタリスクをキーボードから入れます。
そうしたら、Bのところをクリックして、エンター。
あとは同様に、オートフィルで下まで伸ばしますが、ちょっと今はここでやめておきます。
このようにたくさん計算されていきます。
次、割り算ですね。割り算もイコール、そしてAをクリック、
この、割り算の記号もキーボードにありませんので、これは「/(スラッシュ)」を使います。
これをキーボードから入れたら、Bをクリック、そしてエンター。
あとは同じように、オートフィルで伸ばしていきます。
このようにすることによって、足し算引き算かけ算割り算すべて、求めることができます。

慣れてきたら、実は、ちょっと順番を変えると、もっと効率が良くなる、ということに気がつくと思います。
それをちょっとやってみましょう。
オートフィルで下に伸ばすのは、けっこうめんどうくさいので、
先に、一件分について、足し算引き算かけ算割り算を先に入れてしまいます。
例えばこのように、イコール、A+B、そしてTabですね。Tabキーで隣に行きます。
ここでまた、イコール、A-B、Tab、イコール、A*B、Tab、イコール、A/B、エンター。
というふうにやります。
そうしたら、次にこの4つを、複数セルの選択の要領で、4つとも選んでしまって、
そしてこの右下のオートフィルでずーっと下へ伸ばします。
はい。これでいっぺんに、足し算引き算かけ算割り算、これがすべて、求まりました。

コメントを残す