エクセル (Excel) って何をするソフトウェア? (6分48秒)

動画と音声で解説していますので、音声が聴けるように設定してご覧下さい。動画下部のコントロールボタンやルーラーで、一時停止や巻き戻しをしたり、任意の位置を視聴できます。内容は一部キャプチャが追いつかず画面の変化が対応しない部分があります。

解説動画

解説内容

Excel は何をするソフトウェアでしょうか。それはずばり「計算」をするソフトウェアなんですね。
この計算というのは、最も得意とするのはお金の計算なんですけれども、
学校の仕事でいうと、成績の計算などが、これに含まれます。
Excelは表計算ソフトウェアと言われるので、
見栄えのよい表を簡単に作るためのソフトウェアだと、思っている人も多いとは思いますが、
むしろこの表を作るという機能は、2番目に有効な機能だ、と考えてよいのですね。
それでは、Excelのどういうところがすごいのか、を、5つばかりの例を使って、説明をしたいと思います。

一番目の例ですが、国語と算数と理科の試験の点数を合計しなくちゃいけない、というものです。
これもExcelの計算の機能を使うと、あっというまにできてしまいます。
それでは実際にやってみましょう。このように既にExcelのファイルとして、国語と算数と理科の点数がすべて入力されていたとします。
ここで生徒1という人の3つの点数を合計するには、この合計のところをダブルクリックして、
イコールを入れて、これ、足す、これ、足す、これ、エンター、とやると、
一瞬でこの190という答えが出てきます。詳しいやり方はこの授業で追々説明していきますけれども、
このとき、自分で暗算して、この190を出したり、電卓で計算したり、ということをしては、いけません。
それは、Excelの仕事なんですね。そのように計算をさせるためにExcelを使っているのですから、
自分で計算して、190という値を入れては、いけません。

二番目の例ですが、国語と算数と理科の試験の点数を、
100人分、合計しなくちゃいけない。これは大変ですね。
ですがこれも、Excelを使うと、やっぱりあっというまに、できてしまいます。
ではやってみましょう。生徒1の点数の合計がでていますから、
生徒2のところもじゃあ一回、同じようにやってみましょう。
ダブルクリックして、イコール、これ、足す、これ、足す、これ、という風に、
同じやり方でもできるのですけれども、実は、「オートフィル」という、これも後で説明しますが、
この、右下の角のところの黒いところをつかまえて、びゅーーっと下へ伸ばしていきます。
こうやっていくと、100人分、ここのところに到達しますね。
ここで手をはなすと、一瞬で、すべての、100人分の合計ができあがってしまいました。

三番目の例は、試験の合計点を、今度は棒グラフにしてみたい、というものです。
これも、ちょちょいのちょいで、できてしまいます。
それでは、このように合計を求めた試験の点数のExcelファイルから、グラフを作ってみましょう。
ここでは、この3つの科目の点数を、積み上げ棒グラフで10人分、作ってみたいと思います。
詳しいやり方は、あとで説明をしますが、ここでは、すばやくやってみましょう。
まず、対象となる範囲を、このように選択します。で、「グラフウィザード」のボタンを押します。
このように出ましたら、「積み上げ棒グラフ」を選んで、次へ。
そして、この形式を確認して、次へ。これも次へ。完了。
という風にやると、このように、一瞬で、グラフができあがってしまいましたね。
大きさなども、このように調整をすることができます。

四番目の例です。せっかく合計を計算してグラフまで作ったのに、点数の入力ミスを発見してしまいました。
さあどうしましょう。根性でもう一度計算するんでしょうかね。
でも、これも、Excelであれば、すぐに直ります。しかも、合計も、グラフも、一瞬で直ります。
このように、すっかりできあがってしまった後で、生徒1の人の、算数の点数が、
70点ではなくて、100点だった、ということに気がついたとします。
そのときは、この生徒1の算数の点数を、100と、上から書いて、エンターを押します。
その瞬間に、合計が220点に書き換わって、グラフも直りましたね。
このように修正も瞬時に行うことができます。

五番目の例ですが、いままでやってきた試験ですが、それが3ヶ月後にもう一度同じ試験をやることになりました。
これまでの手順を全部繰り返すんでしょうかね。
そんなことはありません。Excelの場合には、ファイルをとっておけば、それを再利用することによって
さらにすばやく、今までの処理を繰り返すことができます。
これが、以前作ったファイルのコピーを開いた状態だとしましょう。
そこで、今度はこの、10人分の点数、だけですよ、合計ではなくて点数だけを選択して
いっかい、クリア、数式と値をいっかい全部、カラにします。
この状態で、こんどは、3ヶ月後の新しい点数を入れていくんですね。
例えばこのように、どんどん入れていくと、瞬時に合計が計算されていくわけですね。
グラフも瞬時にできあがっていきます。
このように2回目からは、もっとすばやく、つくりあげることができます。

この例に示されているのですが、Excelに限らず、一度作ったものは、できるだけ再利用する、
というのが、パソコンをうまく、効率よく利用するためのコツ、と言えるのですね。

コメントを残す