エクセル (Excel) での数式のキモ : 参照とオートフィル (10分57秒)

動画と音声で解説していますので、音声が聴けるように設定してご覧下さい。動画下部のコントロールボタンやルーラーで、一時停止や巻き戻しをしたり、任意の位置を視聴できます。内容は一部キャプチャが追いつかず画面の変化が対応しない部分があります。

解説動画

解説内容

Excelで、強力な「数式」を利用するにあたって、基本となる大事な考え方、「キモ(肝)」と呼ばれる考え方が2つほどあるのですね。
それは、「セルの参照」のしくみ、と、それから「オートフィル」または「数式のコピー&貼り付け」、この2つです。
これらは、応用力の基礎となりますので、ぜひしっかり身につけてください。

ではまず、Excelの「参照」のしくみについて、実際にExcelを操作しながら、説明したいと思います。
「参照」というのは、数式の最も基本的な機能の一つでして、あるセルの内容をそのまま持ってくる、ということです。
これは、値を「コピー&貼り付け」しても、同じことができるのでないか、と、思うかもしれませんが、
実は全然違います。それをちょっとやってみましょう。

まず、こちらのセル、Dの6(D6)、ここに、数式を入力する要領で、「イコール」を入れます。
そして、このBの4(B4)のセル、123の入っているBの4(B4)のセルを、クリックします。
そうすると、このDの6(D6)のセルにはBの4 (B4) というふうに入りました。このままエンターを押します。
そうすると、D6のセルには、「=B4」と入りまして、これは「B4の中身を、ここに入れてください」という意味ですね。
ですから今、B4 には 123 が入っていますから、D6にも123が入ります。
これは見かけ(上)ですね、このB4のセルをコピーしたのではないか、と。(コピーしたのと)同じように見えます。
比べるために、D4のセル、ここにはB4をコピー&貼り付けしてみましょう。
まず、B4をクリックして選択します。マウスの右ボタンを用いて、このメニューの中から「コピー」を選びます。
そして、今度は貼り付ける先のD4をクリックして選び、マウスの右ボタンを押して、「貼り付け」とやります。
こうすることによって、コピー&貼り付けができました。
この結果、上側のD4と、下のD6は、同じく123になって、まったく同じように見えるわけなのですが、
上のほうは「値のコピー&貼り付け」をしましたので、「現在」の「値」をもってきて貼り付けてあるわけですね。
貼り付けが終わったら、元のB4との関係は切れてしまいます。
しかし下側のD6のところは、常に、B4の中を見て、そのときそのときの値を必ず持ってくるわけです。
ですから、もしB4の値が変化した場合には、即座に、このD6の方も変化します。
それをちょっとやってみましょう。
まず、B4をダブルクリックしまして、今、123が入っていますから、これを、値を変化させてみます。
例えば、789、と入れてみます。これを確定するために、エンターを押しますが、
押したとたんに、下側のD6の方は、789に変化しました。
しかし、「値のコピー&貼り付け」をした上のD4の方は、先ほどの123のままですね。
このような違いがあるわけです。

さらに、複数のセルの参照同士で、例えば足し算をしたり、引き算をしたり、という計算もできるのですね。
それをちょっとここでやってみましょう。
D7のところをダブルクリックして、イコール(=)を入れます。
そして、何度か例で出していますけれども、B4をクリック、そしてキーボードから「+」を入力します。
で、その下の456の入っているB5をクリック、
こういうふうにすることによって、
B4に入っている値と、B5に入っている値を、足し算して、D7に入れなさい、という意味になるのですね。
エンターをいれてやると、計算されます。いま1245になりました。
で、これも、常に、元のところのセルを見ています。
では、B4のところを先ほどの、最初の123に戻してみましょう。
123、そしてエンター、とやると、この「参照」を使っていた2つのセルは、瞬時に値が変わります。
足し算したものも、579に瞬時に変わりましたね。
こういうふうに、参照を使うと、元のところと常につながっていて、
元のところの値が変化したら、すぐさま、その変化が反映される、という機能なのです。

2番目の、Excelの非常に強力なしかけとして、「オートフィル」または「数式のコピー&貼り付け」、について説明します。
まず例題としてここに、AさんBさん二人の、売上表のようなデータがあるとします。
この、1月2月3月、それぞれについて、AさんとBさんの数字を合計していくことにしましょう。
まず最初のところは、いままでと同じように、数式を入れていきます。
イコールを入力して、123のセル、キーボードで「+」、そして456のセルをクリックして、エンターキーを押す、
これで合計が一つできましたね。
2月の分もやらなければなりません。これと同じやり方をすると、まったく同じようにイコールを入れて、
789のセルをクリックして、「+」を押して、123をクリックしてエンター。
こういうふうにやっていってもできるのですけれども、
実は、「オートフィル」という機能を使うと、もっと簡単にできます。
それをやるには、最初に入れた数式のところをクリックしまして、右下の、
黒い四角のあるところにカーソルを合わせます。
そうすると、黒い、矢印のない十字のカーソルになったら、そこをマウスの左ボタンで押さえて、
今の場合には右側に向かって、ずーーっとドラッグして引っ張ります。
5月のところになったら、マウスのボタンをはなします。
こういうふうにすることによって、ひとつひとつ入れなくても、
3月分4月分5月分について正しく合計がされている、ということがわかるかと思います。

では、どうして、このオートフィルを使うと、このようにうまく、すべての部分が合計されているのか、
オートフィルで入れられたセルの中身を見てみましょう。
まず3月のところ、ここは、ダブルクリックしてみますと、グラフィカルに、参照関係が表示されます。
上2つをきちんと合計していますね。これを一回エンターを押して確定します。
4月のところもダブルクリックをすると、やはり、上2つをきちんと合計しています。
このように、先ほど右に向かって引っ張っていったときに、参照する先も一緒に右に動いていっている、
ということが、おわかりいただけるかと思います。
すなわち、オートフィルを使って、いまの場合ですと右側に、ドラッグすると、
参照関係、それぞれどのセルを見ているか、という、相対的な位置関係を保ったまま、
いまの場合右側に、コピーされていく、そういう仕組みになっているのですね。
実は、このオートフィルによって行われた、相対的な位置関係を保った数式のコピーというのは、
この数式の入ったセルの、コピー&貼り付けでも、同じように行うことができるのです。
ちょっとそれを試してみましょう。

試してみるために、まず2月から5月までの合計のところを選択して一回空っぽにします。
「編集」メニューの「クリア」の「数式と値」ですね。これで、空っぽにします。
で、1月の合計のところをクリックして、これを、マウスの右ボタンで「コピー」します。
これは、579をコピーしたのではないのですね。数式を、コピーした。
これを今度は、2月の合計のところに、貼り付けてみます。
2月の合計のところをクリックして、マウスの右メニュー、そして「貼り付け」。
とやると、579がコピーされるのではなくて、相対的な位置関係を保った数式がコピーされたために、
912という正しい値が入っています。

これと同じように今度は、3月から5月までのところを、複数、選択して、
マウスの右ボタンを押して、そして「貼り付け」、というふうにやると、
この3つのセルにそれぞれ、やはり、相対的な参照の位置関係を保ったまま、数式が、コピーされる。
その結果、3月はちゃんと1245になりますし、4月は46、5月は656というふうに、
きちんと計算をしてくれるように、数式がコピーされる、というふうになるわけです。

いままで説明した、「参照」のしくみと、「オートフィル」の動作、
これをうまく活用すると、数式の入力が大幅にラクになるのですね。
この、参照とオートフィルは比較的少ないルールを一貫して使っているものなので、
頭を使って考えると、実にいろいろなことができます。
そして驚くほどたくさんの数式を、あっというまに入れて、
たくさんの計算ができあがってしまったりするので、みなさんもいろいろ工夫をして、
試してみてください。

コメントを残す