エクセル (Excel) での数式の入力 (5分21秒)

動画と音声で解説していますので、音声が聴けるように設定してご覧下さい。動画下部のコントロールボタンやルーラーで、一時停止や巻き戻しをしたり、任意の位置を視聴できます。内容は一部キャプチャが追いつかず画面の変化が対応しない部分があります。

解説動画

解説内容

ここでは、Excelの強力なパワーの源である「数式」について説明いたします。
まず、数式の基本的な考え方と、続いて、数式の入力方法について説明します。

Excelのセルに入っているものには、大きく分けて2種類あります。
まず最初のものは、いままで入れてきた、「目に見えているとおりのもの」です。
これはわかりやすいのですが、文字や数値などです。
もう一つのものは、目に見えているものを作り出す「手順」が、セルに入っているのですね。
実際に目に見えているものは、その「手順」を「実行した結果」なわけです。
目に見えているものそのものが入っているわけでは、ないのですね。
この、「手順」のことを「数式」といいます。

それでは実際のExcelで、例を見てみましょう。
いま、この D のカラムに、123という値が、上側に1つ、下側に1つ入っています。
見た目では全く同じ、123ですね。ところがこれは実は、
上の方のこのD4のセルのところの123は、値そのものが入っています。
下の方の、D6に入っている123は、実は、計算をした結果、すなわち数式が入っているのですね。
それではどうやって、この見た目全く同じものに見えるものが、
値そのものであるのか、数式であるのか、を区別するのでしょうか。
そのためには、まず調べたいセルをクリックして選択します。
そして、上の方の数式バーを見るのですね。
この、上の方の123の場合には、値そのものですから、数式バーには123と、出ています。
これは値そのものが入っている、ということですね。
下の方の123をクリックしてみます。
そうすると、上の方の数式バーには、「=B6+C6」というものが入っている、ということがわかります。
すなわち数式バーには、セルの中に入っている「正体」が表示されいる、ということですね。
正体を調べるもう一つの方法は、そのセルをダブルクリックしてみることです。
まず上の方をダブルクリックしてみましょう。カチカチ。
そうすると、123そのものが出てきます。
これは編集できる状態ですので、一回、確定するためにエンターを押します。
では下の方の123もダブルクリックしてみましょう。カチカチ。
そうすると、このように、中の正体、数式が、編集できる状態で、表示されます。
しかも、この場合は、2つのセル、左隣の56が入っているセルと67が入っているセルを足す、という処理をしているのですが、
どのセルを参照しているか、「参照」はあとで説明しますけれども、
どのセルを見ているか、ということが、色分けされて、このように表示されます。
ですから視覚的に、どういうことをやっているのか、わかりやすくなっている、ということなのですね。
これも今、編集できる状態になっていますから、このままでエンターを押します。
そうすると元に戻ります。

手順を表したものである「数式」の入力のしかたですが、
まず、セルに半角文字でイコール(「=」)を入力します。
このイコールが、文字や数値と、数式とを区別する「合図」になります。
この半角のイコールを入れた後は、その以後に続けて入力されたものは、数式であるとみなされて、
セルの表示には、その数式を実行した結果が表示されるようになるわけですね。

それでは実際に数式を入れてみましょう。
この56と67を足した結果を、右隣のセルに入れることにします。
まず入れたいセルをクリックして選択します。
そして、半角でイコール(「=」)を入れます。これ以後入れるものは数式になる、ということですね。
この場合、まず56、ですから、56(の入っているセル)をクリック、
そしてこの場合はキーボードで、プラス(「+」)を打ちます。
そして、67の入っているセルをクリックします。
このようにすることによって、そのクリックしたセルの「住所」が自動的に入る、ということになります。
この場合ですとB6とか、C6というのが自動的に入りましたね。
これで終わりですから、終わったらエンターを押します。
これで、数式字体は消えて、さっそく実行されて、
その結果の123というのが、セルに表示されるようになりました。

コメントを残す