エクセル (Excel) での絶対参照のしくみ (6分05秒)

動画と音声で解説していますので、音声が聴けるように設定してご覧下さい。動画下部のコントロールボタンやルーラーで、一時停止や巻き戻しをしたり、任意の位置を視聴できます。内容は一部キャプチャが追いつかず画面の変化が対応しない部分があります。

解説動画

解説内容

Excelで用いられる参照には、「相対参照」=普通の参照、と、
それから「絶対参照」という2つのものがあります。
まず、いままで普通におこなってきた「参照」というのは「相対参照」でして、
「オートフィル」または「数式のコピー&貼り付け」の際に、
セル同士の相対的な位置関係が保たれて、フィルされる、もしくは貼り付けられる、と、そういうものですね。
この「相対的な位置関係」というのは、たとえば、
「同じ行の2つ左のセル」などというふうに、現在のセルの位置から見て、どれだけ差があるか、ということです。
一方、A3 などという、そういう表記は、絶対的な指定でして、これは「絶対アドレス」と書いてありますが、
これは変化していくことになります。

実際のExcelの画面で、普通の参照、すなわち相対参照、これを入力する場合には、
いままでと同じように、たとえばこのD3のセルに入れるとしますと、
D3のセルをクリック、半角のイコールを入れて、例えばこのA3のセルをクリックすると、
このように「=A3」と入るのでしたね。
これは、A3というふうに見えていますけれども、
実際に、Excelの内部では、「この同じ行の、3つ左側のセルを参照しなさい」
というふうに、このD3のセルから見て、どれだけ違う位置にあるか、ということが入力されているわけです。
ではこの相対参照で、数式が入れられたセルを、オートフィルで伸ばしていったときに、
どのようになっていくかを、具体的な画面の上に、ちょっと書き込みをしてわかりやすくしたこの画面で、見てみましょう。
横に伸ばしていった場合は、このように変化します。

もう一つの参照の形式である「絶対参照」の場合には、
ここに説明されているような、形になります。すなわち、
「オートフィル」または「数式のコピー&貼り付け」の際に、
特定のセルをかならず、常に、参照するように指定するやり方のことなんですね。
セルの絶対アドレス、たとえば A3 などというものは、変化しない。
どこにコピーして貼り付けても、変化しません。
セル同士の相対的な位置関係は、そうしますと、片方が動かないわけですから、変化していくということになります。

実際にに絶対参照で、参照を入力する場合には、たとえばこのD3のセルをクリックして、
イコールを入れます。そしてA3をクリック。ここまでは同じですね。
で、この次に、「F4」(キー)を一回押します。
こうしますと、Aの前に$、3の前に$、がついて、このような参照が入力されます。
これが絶対参照ですね。

このようにして入力された、この「$A$3」という表現は、
実は、縦も横も、すなわち行も列も、絶対参照にしてください、という、そういう表現ですね。
すなわち縦にも横にも動かなくて固定される、ということです。
これをさきほどと同じように、このシミュレーションの画面で
オートフィルで動かしていったときに、どのようになっていくか、見てみましょう。
横に動かしてみます。
このように、縦にオートフィルで動かしても、横にフィルしていっても、
全く、参照している位置が変わらない、これが、「$A$3」というタイプの絶対参照です。

実は、行または列だけを固定する、ということもできるのですね。
そのやり方をこれから説明をします。
実はこの「$」の文字の後の文字、すなわち例えば、「$A」と書いてあったらAが固定されるのですね。
「$3」と書いてあったら 3 が固定される、ので、
片方にだけ $ をつけると、その後の文字だけが動かなくなる、というふうな、指定のしかたができます。

実際の入力のしかたですが、
入れたいセルをクリック、そして半角イコール、そして参照先のセルをクリック、
そして、F4キーを一回押すと、このように縦も横も(固定されるの)ですが、
もう一回押してやると、数字の前にだけ$がついたもの、
そしてまたもう一回押すとこんどは、アルファベットの前だけに$がついたもの、
さらにもう一回押すと、最初のものに戻る、というふうに、
F4を押すごとに、順番に、それぞれのパターンが自動的に入力されるようになっています。

それでは、前と同じようなシミュレーションの画面で動きを見ていってみましょう。
まず最初に、3の前だけ$がついている、すなわち3だけ固定する、という場合に、
どのように動くか見てみましょう。
横の場合は次のようになります。

今度は逆に、アルファベットの前にだけ$がついているときの動きを見てみましょう。

以上見てきましたように、$の文字をどこにつけるかによって、
オートフィルや、数式のコピー&貼り付けをしたときに、どのように参照が変わっていくか、
ということを、コントロールできる、ということですね。
これをうまく活用して、効率よく数式を入れていくことが、工夫次第で、できることになります。
先ほど申し上げましたけれども、このいろいろなパターンは F4 キーを活用して、
このように順番に、効率よく入れることができますので、これはぜひ活用してください。

コメントを残す