秋合宿:「iPadの教育活用」発表の様子と成果まとめ (1/4)

投稿者: | 2013/12/1 日曜日

2013 年度後期前半のHコースゼミ、テーマは「iPad の教育活用 : 実際にやってみよう!できるようになろう!」は、2013/12/01 の方法研秋合宿発表会で、研究室内部の人々に向けて、これまでの成果をまとめて発表しました。

学生たちも期待以上のアウトプットを残してくれました。研究室内部だけではもったいない、ということで、 これから数記事に分けてここに成果発表をしたいと思います。発表の様子も動画で紹介します。

合宿後に TKY が作ってくれたレポートを基に、広重が加筆してまとめたものです。

【記事一覧】

——————————————————

1.はじめに (担当:TKY)

後期の前半ゼミから『iPad(タブレット端末)の教育活用』というテーマで、ゼミに取り組んできた。ゼミ生は1人1台iPadを使いながら、iPadを教育現場でどのように使うことができるか、iPadにもともと備わる機能だけでなく、追加でインストールした様々なアプリなどを組み合わせながら考えた。

秋合宿では、ゼミの内容をもとに指導案を作り、授業の一部分としてiPadを実際に活用しながら発表を行った。この取り組みにあたって、まず留意した点を挙げる。

  • iPad はあくまで数ある「道具」の一つ
    何でもすべて iPad を使えばパラダイス、という発想にならないようにする。昔からある他の道具と同じように、使うべきところで使う。そのためにも iPad が何に適しているかのを知らなくてはならない。
  • 既存の技術を上手に組み合わせている道具
  • 現状では特定製品に限定される

テーマのコンセプト

  • まずは私たちで実際にやってみよう。使えるようになろう。
  • 実践的 かつ 実戦的に。
  • 学校現場では既にかなり導入されてきている。むしろ大学(の当ゼミ)の方が遅いぐらい。新奇なものでは既にない。

2.機材とネットワーク構成について (担当:UME)

iPadは、線が一本もつながっていないのに、ネットにつながり、プロジェクタに映すことができる。

その仕組みの説明と、そのために必要な周辺機器について発表した。

20131201ume01

秋合宿:「iPadの教育活用」発表の様子と成果まとめ (2/4) につづく