標津サイエンスフェアで影絵音楽劇を上演

投稿者: | 2014/7/19 土曜日

2014/07/19 の午前中、今年も、標津サイエンスフェアの最後に、影絵音楽劇を上演しました。

方法研に所属した大学1年生が、入学直後から取り組んできたものです。絵本「はじめてのおつかい」(※)の物語を題材にして、別の絵本の動物たちなどを参考に大幅に独自の演出や脚色をし、工夫してきました。音楽も、鍵盤ハーモニカなどの教育楽器を交えたアンサンブルによる生演奏です。

画像はビデオからのキャプチャです。

00mod

↑事前の説明の様子

01mod

↑「みーちゃん」がおつかいにいくことになります。

02mod

↑実写版みーちゃん

03mod

↑途中で転んでお金を落としてしまいます。助ける「うさぎさん」

04mod

↑やおやのおじさんとおばさん(^^;)

05mod

↑クイズです。正解とおもう野菜の組み合わせの前に集まります。

06mod

昨年に引き続き「クマ」登場

07mod

↑会場のどこかにあるお金を、みんなで探します。

08mod

↑最後の 10 円玉がみつかりました!

09mod

↑無事に野菜を買えました。

10mod

↑おうちに帰り、カレーを作ります。野菜の名前を言ってもらっているところ。

11mod

↑カレーを食べます。めでたしめでたし。

12mod

↑エンドロール。影絵人形を持って順にあいさつします。

13mod

↑ありがとうございました!役者のほか音楽隊も照明もナレーターも、みなそろってあいさつします。

IMG 7804

↑終演後記念撮影。今年のメンバーです。

(※)「はじめてのおつかい」筒井頼子著、林明子絵、福音館書店 (1977/04) ISBN 978-4834005257

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です