江戸・楽器博物館ツアー3日目 : 浜松楽器博物館・浜松科学館・浜松城・ギョーザ

投稿者: | 2016/10/9 日曜日

10/10までの卒論関連本物体験ツアー、3日目の昨日2016/10/09は、新幹線で浜松まで出かけて楽器博物館を見ました。

IMG 3284

新幹線で浜松駅到着。やっぱり新幹線は速い。釧路〜帯広間ぐらいの時間で東京から浜松まで着いてしまいました。というか、北海道が広いのか笑。

IMG 3278

浜松駅は、駅ナカ(改札の中)に、ピアノコーナーがあります。さすが YAMAHA と KAWAI のお膝元。楽器の街。

IMG 3279

ちなみにここは、KAWAI のブースです。

IMG 3280

浜松駅から 2 階のバルコニーロードみたいなところを結構歩いて、楽器博物館到着。天気悪いが外で記念撮影。

IMG 3283

2フロアにわたって、楽器、楽器、楽器。これはガムランです。

IMG 3284

アジア系の有棹(ゆうとう)弦楽器群。なぜか糸巻きには頭が彫ってある。凝り過ぎ、と RYP サマはお怒りです笑。

IMG 3287

竹のガムラン。

IMG 3289

フロアを移動すると、今度は西洋からアフリカなどの楽器たち。RYP の楽器クラリネット歴代。

IMG 3295

アフリカ? コーナー?

IMG 3296

さて楽器楽器楽器、しかもさわることはできず見るだけ、ということで少し疲れたところで、最後に体験部屋がありました。子どもがいっぱい。この博物館にはこんなに子どもがいたのね、という感じです。RYP と SAP も子どもに混じって体験。

ギターとバンジョー。

IMG 3300

馬頭琴 SAP バージョン。馬頭琴は左手での弦の押さえ方が独特のようです……が、まるまる握ってるよ。

IMG 3301

馬頭琴 RYP バージョン。右手での弓の持ち方は、ヴィオラダガンバに似ているようです…が、まるまる握ってるよ笑。

IMG 3302

楽器体験コーナーで少し元気を取り戻して、楽器博物館をあとにしました。

RYPとSAPの感想曰く、アジア系は音に関わらない部分の装飾に凝りすぎ笑、弦楽器と鍵盤楽器は同じようなものが多く途中で飽きた笑、やっぱり触って音を出してみないとわからない笑、etc, etc。それでもやはり予定より時間がかかりました。

午後遅くにちょっとだけ隣の科学館へ。

IMG 3305

ところがこれが予想外の当たり笑。まずは「音コーナー」へ。

IMG 3308

音コーナーには、楽器メーカーの全面協力?で楽器の原理体験展示が多数。巨大鉄琴?

IMG 3309

巨大なピアノのアクションとか、

IMG 3310

声の五母音の発音模型(音が出る)とか、

IMG 3312

Y○MAHA の楽器を真っ二つにしてみました笑、という断面コーナーとか、

IMG 3314

パイプオルガンのパイプ(一部本物ぽい)とか、

IMG 3315

ハンドベルオルゴールとか、

IMG 3316

ラッパの原理とか。

IMG 3318

他の科学館にはなかなかなさそうな展示でした。

その他一般的な展示も大きめの体験装置が多数。糸より装置とか、

IMG 3329

てこの原理と滑車の原理 (これは体験できておもしろい) とか、

IMG 3342

電気回路模型(苦しい笑)とか。

IMG 3345

その他ジャイロとかもありました。

時間がなくてあまり見られませんでしたが、学生もたくさん体験できて満足。また来よう。どうやら楽器博物館と浜松科学館はセットで見るのが正解のようです。

浜松科学館全景です。表側はこのようにわりとフツーですが、裏側はカラーのパイプがにょきにょき生えてて「サティ○ン」みたいでかなりアヤシイ。

IMG 3346

暮れてからゴーインに浜松城笑。真っ暗な山道をひたすら登って、それでも迷わず到着笑。

IMG 3352

バスにもちゃんと乗れて結果オーライ(^_^;)。結局予定は全部こなした1日でした。

IMG 3353

浜松駅に戻り、名物の「生垣の家康くん」の前で記念撮影をしようとするも、ちょうどイベントをやっていて家康くんのまえにステージができてて吹奏楽とかやっていて撮れません。しょうがないので、駅の建物のなかにあった「キンピカ家康くん」の前で記念撮影。

IMG 3354

家康くんのハカマはちゃんとピアノの鍵盤なのだ。

そして、食べました。浜松といえば餃子。

IMG 3355

明日は移動日。日常に戻ります…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です