GoPro Session をマイクスタンドに: GoPro トライポッドアダプター GTRA30 ほか

先日購入した GoPro HERO4 Session を舞台撮影に使うべく、コンパクトにマイクスタンドに設置する方法をさがしておりました。

このたび、GoPro → トライポッド(三脚)アダプター → 自由雲台 → ネジ変換 → マイクスタンド と、多段に組み合わせて実現しました。

IMG 0225

組合せはちょっと複雑ですが、仕上がりはなかなかコンパクトでフレキシブルです。

まずはトライポッドアダプターです。できるだけコンパクトに、ということで、GTRA30 を選びました。小さいです。ほとんどマウントのみです。

IMG 0220

反対側です。

IMG 0221

底です。カメラ三脚に取り付けられるネジがついています。

IMG 0222

梱包の様子です。ただ袋に入っているだけ笑。

IMG 0218

GoPro HERO4 Session にとりつけてみました。コンパクトです。こうでなくちゃ笑。

IMG 0224

ただし、角度の調整は上下のみなので、自由とは言いがたいです。そこで、カメラ用のコンパクトな自由雲台を取り付けます。これで、どんな角度にも調整できます。

自由雲台は Slik の SBH-61 です。

さらにこれらを、マイクスタンドに取り付けたいわけですが、マイクスタンドについているネジはたいていカメラ三脚のものとは別のネジです。取り付けるにはネジを変換するアダプターが必要です。

今回は、これまたとってもコンパクトな トモカ電気 の「変換ネジ No.14 (3/8 AKG → 1/4 カメラ)」です。

これらを駆使して、やっと(?)マイクスタンドに GoPro がコンパクトに載りました。

IMG 0225

連結部アップです。複雑?笑。

IMG 0226

ちなみにマイクスタンドは、超定番 K&M の 21020B です。

全体像です。コンパクトです(しつこい笑)。

IMG 0228

購入先: Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です